レーシック情報

品川近視クリニックか他の眼科で迷ったら?

更新日:

品川近視クリニック

品川近視クリニックでは、料金の安いレーシックから、何種類かのフェムトセカンドレーザーを使ったイントラレーシック、アイレーシック、Zレーシックなどがあります。

また、使用するエキシマレーザーも何種類かありますので手術についている名前が少し複雑化もしれません。そんなわけですから、選択できる手術は何種類もあり、希望する方法がこの中でみつかることと思います。

ただ、品川近視クリニックは、症例数が桁違いに多いので、実績としては申し分ないのですが、多数の手術をさばくためどうしても流れ作業的に感じるようです。品川近視クリニックの口コミ評判をしっかりチェックすることはその意味でも重要です。

先進会眼科

例えば先進会眼科は、基本的にレーシックとICLの二つの手術があり、低価格で受けられるのはiFSイントラレーシックです。

iFSイントラレーシックは少し前のスタンダードといえる施術で受けた患者も多くおすすめです。この手術での使用機器は、フェムトセカンドレーザーには、イントラレーザーiFSというもので、エキシマレーザーは、テクノクラス217Pという機器を使用しています。

手術メニューは単純ですが、実績もあり高度な機器を使用していることから満足できる手術が期待できると思います。

品川近視クリニックか先進会眼科のどちらを選択するかは迷うところですが、手術の選択肢が多い方が好みの方は品川近視クリニックがいいですし、低料金でレーシックを行いたい方もやはり品川近視クリニックに軍配があがっていると思います。

昔の口コミの評価では品川近視クリニックで失敗などと書かれているものを見たことがありますが、あれはレーシック黎明期のケラトームレーシックを使った施術で、ハローグレアやドライアイのリスクが高い施術でした。

現在は品川イントラレーシックアドバンスやアマリスZレーシックなど安全性の高い施術がメインですので安心できると思います。

レーシック手術

近視の矯正手術は色々ありますが、その中の一つがレーシック手術です。これは、簡単に説明しますと、最初に角膜の表面(傷がついても治る、再生する部分)を薄く削り取ってフラップという蓋の役目をする部分をつくります。

次にフラップをめくり、その下の角膜(再生しない部分)をエキシマレーザーという機器を使用して削り、それによって近視の矯正をします。最後にフラップを被せて終わります。

フラップを作るときには、マイクロケラトームというカンナのようなメスを使って作るやり方とフェムトセカンドレーザーと呼ばれる機器でレーザーを照射して作るやり方の2通りがあります。マイクロケラトームを使うやり方の手術を単にレーシック手術と呼ぶことがあります。

フェムトセカンドレーザーを使う手術では、何種類かの機器がありますので、その機器の違いにより、イントラレーシック、Zレーシック、アイレーシックなどと呼ばれています。

-レーシック情報

Copyright© 品川近視クリニックで失敗する前に!評判もチェック , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.