• ホーム
  • インフルエンザ発症時の安静期間の基準

インフルエンザ発症時の安静期間の基準

インフルエンザは冬の乾燥した時期になると流行が始まり、瞬く間に全国各地に広まって社会問題となります。
毎年流行することがわかっていながら流行を阻止できないのは対策を立てていないからではなく、対策を立ててもなお感染拡大を阻止することが難しいという事実があるからです。
インフルエンザは感染症であり、感染した人から別の人へとうつっていきます。その際には高熱などの症状を発症していることは必要ではなく、発症前の潜伏期間でも、発熱が治まった後でまだ体内にウイルスが残っている期間でも感染が起こりえます。
潜伏期間はおよそ1日あり、発熱が治まってから感染を広げるリスクがなくなるまでに1日から2日を要します。こういった期間に人と接触してしまうことが多いため、次々に患者を増やしていくことになってしまうのです。
こういった感染リスクがなくなるための基準となる日数が確定してきたのも近年のことであり、学校の出席停止期間における基準が改定されたのも2012年のことでした。
それまでは症状がなくなったら医師の診察を経て学校に戻ってくることができましたが、そういった基準ではインフルエンザウイルスを学校に持ち込むことになっていたのです。
潜伏期間については自覚症状もなければ前兆もないために対策を立てるのが難しいものの、症状がなくなった後については2日間は自宅で安静にすることで感染拡大を防止することができます。
こういった取り組みを制度上だけでなく、個人の取り組みとしても行っていくことによってインフルエンザの蔓延を防止していくことが可能になります。そういった視点で社会貢献をする意識を持てば流行を防止していくことができる可能性が切り開けるのです。

関連記事