• ホーム
  • インフルエンザ感染経路の一つに養豚場の空気感染

インフルエンザ感染経路の一つに養豚場の空気感染

インフルエンザなどのウイルス感染症になると体内で繁殖したウイルスを排除するために体が抗体を出すのですが、その抗体が常にウイルスと戦うことによって発熱やおう吐など数週間以上続くことになり低行為力の弱い子供やお年寄りに至っては肺炎など体の機能が落ちるといった重症化する可能性があります。
インフルエンザの感染経路としては主に空気感染がもっともな原因としてあげられるのですが、その空気感染を広げる場所というのが存在しその中の一つが豚を飼育する場所である養豚場です。
養豚場がインフルエンザの感染経路としてあるのは、インフルエンザウイルスの特性が関係しています。
インフルエンザウイルスは北の大地から越冬するために来る渡り鳥が持っている常在菌であり、渡り鳥は元々体に持っているため免疫機能が害とみなさずに症状が出ることはないのです。
その渡り鳥が越冬してきた土地で死骸となったりまた糞尿などをすると、渡り鳥の中にいるインフルエンザウイルスが外に排出されることで乾燥した空気は水分による圧力が無いことで風に乗って舞い上がりやすく別の生き物がいた時に体に入り込むことになります。
それが養豚場で飼育している豚であった場合には、豚の体内に入り込んでもその多くは体に馴染めずに活動することなく居なくなりますが、その入りこんだウイルスの一部が馴染めなかったウイルスの情報を受け取って体に馴染むように変化する種類が生まれます。その変化したウイルスが変化して定着することを覚えたことで有害化するウイルスとなり、養豚場で飼育している豚が排出した糞尿から再び外に出たウイルスが空気に乗って人間の中に入ることが爆発的に増える経路となります。
そのため乾燥した時期においては、その仕事をしている人そして近くに養豚場がある場合にはマスクや手洗いが予防にとって重要となります。

関連記事