• ホーム
  • インフルエンザは毎年流行る

インフルエンザは毎年流行る

マスクをかける女性

現在ではインフルエンザに感染してしまっても、病院で検査を受けることで速やかな治療ができるようになっています。
しかしこの検査も完全なものであるとは言いきれず、時には誤った結果が出てくることもあるのです。
その象徴的な事例といえるのが「2軒の病院で検査を受けた時に結果が異なっていた」というケースです。
おおよその場合は先に検査を受けた際に陰性と診断されたのに、翌日などに別の病院で検査を受けると陽性だったと言われるのですが、これは現在主流として使用されている迅速診断キットが原因です。
迅速診断キットは喉・鼻から採取した粘膜を使用することで15分以内に結果が出るというもので、病院で素早い検査を実現するには必要不可欠なものです。
ただ早い分、若干大ざっぱな結果になるというデメリットがあり、インフルエンザに感染したばかりのころだと陽性という結果が出てこないことがあるのです。
と言うのも、迅速診断キットは採取した粘膜の中にどれくらいのインフルエンザウイルスがいるかで陽性・陰性の判断を出しています。
実際のところ真冬に外を歩けば粘膜に多少のインフルエンザウイルスが付着するのは珍しいことでもありませんから、「一定量以上が検出された場合は感染している」と診断した方が都合が良いのです。
しかし厄介なことにインフルエンザに感染して高熱などの症状が出ていても、粘膜ではまだ陽性と診断できるほどのウイルス数が存在しておらず、陰性の結果が出ることがあります。
そのため先に受診した病院ではまだウイルスが繁殖していなかったために陰性だったが、次の病院を受診する頃にはウイルスが繁殖しているために陽性の結果が出たということになるわけです。
一般的にこの迅速診断キットで確かな結果が出せるのは症状が出てから12~24時間後と言われていますから、重大な症状が出ている場合を除いて、少し様子を見てから病院を受診した方が効率が良いでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧