• ホーム
  • インフルエンザのかかった時の食生活について

インフルエンザのかかった時の食生活について

自信を持っている男性

インフルエンザにかかってしまった時には本当につらいものです。診察もしてもらって薬を飲んだら、後は滋養のある食事をして栄養を補給しながら安静にしておくようにしなくてはいけません。
まず最初に気をつけたいことは、高熱が出ますのであまり食欲が出ないときには何も食べたくないと感じてしまうことも多いです。食べられない時に無理をしなくても良いので、そういうときには脱水症状を起こさないように水分だけは必ず補給しましょう。
食べられる意欲が出てきたら、今度は少しずつ柔らかいおかゆなどを用意したり、温かいものが難しいなら冷たいスープに野菜をたっぷりと入れたものなどを用意して、栄養バランスに配慮しながら食事も用意していって下さい。ヨーグルトや果物など、食べやすいものを食べるのでも構いません。
食欲が出てきたらしっかり食べる事でインフルエンザに対抗できるようにさらに体を回復させていくのです。インフルエンザを治そうと思ったら、食事は重要です。
タンパク質で免疫力などをアップさせて、ビタミンCで感染や寒さへの対策をしていきます。ビタミンAで皮膚の粘膜を健康に保つ事ができますから、ウイルスの侵入を防いでいく事もできます。
もしインフルエンザにかかってしまった時は、水分補給を行いながら食べられるものから食べていくようにしましょう。コーヒーなどが好きな人は多いのですが、感染中は控えましょう。利尿効果も高いのでせっかく取った水分が失われてしまうのです。
それに消化に悪い脂っこいものなども、食べるとそれだけ体に負担をかけますので食べるなら治った後に少しずつ食べていくようにして下さい。食事を用意するのも大変ですが、しっかりと食べて体を元気にしていきましょう。

関連記事